IMG_0001

「あなた、最近ずっとコンピュータばかりしてるじゃない。たまには掃除の手伝いをしてほしいんだけど……」

「今IMG_0001を見ているから手が離せない。掃除は後で手伝うね」

「イメー……よく分からないけれど、明日は絶対に掃除してもらうわよ」

「はーい」

IMG_0001には様々な瞬間が記録されてる。人には瞬間を記録する習性でもあったのかな。

大好きなIMG_0001の中でも、『IMG_0001 3 - コピー』がお気に入り。ゲームのたいせんに熱中する人達を見てると、こっちまで楽しくなってきちゃう。

そうだ、ゲームって二人で一緒に楽しめるんだった。掃除が終わったら、二人で一緒にゲームでたいせんして過ごそう。きっと楽しいだろうな。

ブラシが擦れる音を聞きながら、そんな事を考えてる午後三時。